Delta Instrumentsブランド(PerkinElmerグループ)

株式会社エヌエスピーが総代理店を務めるオランダDeltaInstrumentsブランドはラクトスコープシリーズ、ソマスコープシリーズで知られる1985年創立の乳分析装置専門ブランドです。フィルターIR、FTIR、フローサイトメトリー技術をもとに最新のモジュールを採用した乳および液体の乳製品専用の分析装置を開発しています。2016年よりPerkinElmerグループの一員となり、FTIRの光学系にもPerkinElmer社の技術が導入されました。最新の機構と高度な制御技術、統計を得意とする同グループのスウェーデンPertenInstruments社との連携、そして乳業・酪農をけん引する最先端の研究機関との協力により、これまで以上に酪農経営に直接役立つ牛群管理ツールの開発が進められており、世界的に高く評価されています。近年では最新鋭の生乳検査組織として日本でも知られているオランダQlipN.V.や英国CIS TelfordでもDelta Instruments社のハイエンドモデルが採用され、国内でも話題となりました。株式会社エヌエスピーは国内の大学、研究機関との協力・連携をスタートし、この取り組みをサポートしております。

ラクトスコープFT-A
LactoScope FT-A  生乳・牛乳・乳飲料 等 FTIR成分測定装置

  シリーズの上位モデルであるラクトスコープFT-A は、生乳・牛乳をはじめ乳飲料、クリーム、ホエイ、濃縮乳、等の乳成分測定装置です。
近年の改良によってポンプ性能が向上し、55%脂肪のクリームをはじめとする高粘度サンプルも簡単に測定することが可能になりました。標準的な測定精度は 1% CVを下回り、測定時間もおよそ30秒、メンテナンスのコストも軽減されている上に、電源を入れてから安定までの時間も短い乳量工場には理想的なモデルです。
測定項目においても、一般的な成分(脂肪、たんぱく、乳糖、無脂乳固形分)の他に脂肪酸組成等のアプリケーションモデルもご用意できます。 制御ソフトウェアはインフラマチックと同様の「Result Plus」になり、日本語対応可でさらに使いやすくなりました。

ラクトスコープFT-B
LactoScope FT-B 生乳・牛乳・乳飲料 等 FTIR成分測定装置

  中小規模の試験室または集乳所において、生乳、牛乳、乳飲料、ホエイ等の成分測定を行うためにデザインされたモデルです。40%以下の脂肪のクリーム測定も可能です。 標準的な精度 1% CV 以下で1サンプル45秒で測定できます。 運用コストもダウンタイムも最小限に抑えられており、世界的なテクニカルポート網でカバーされています。 制御ソフトウェアはインフラマチックと同様の「Result Plus」になり、日本語対応可でさらに使いやすくなりました。

コンビスコープ
CombiScope FTIR 300/600HP 生乳の成分および体細胞測定装置

  コンビスコープ生乳測定装置は、牛、山羊、羊、水牛の乳質分析において最高のサンプル処理能力をご提供いたします。 システムは成分測定(LactoScope FTIR)と体細胞測定(SomaScope)そしてサンプルハンドリングシステムで構成されています。コンビスコープの測定処理能力は1時間あたり最大600サンプルの処理が可能です。 コンビスコープには業界初の多くの技術が組み込まれており、事業所の能力、スループット、ビジネスチャンスの拡大に役立ちます。
ページのトップへ戻る